Dear violin Students 私の大切な生徒たちへ

ヴァイオリンを学ぶ方々と分かち合いたいたくさんのこと

篠崎ヴァイオリン教本1巻

篠崎バイオリン教本1巻 no.139, 140 ドヴォルザーク「家路」, no.141 「元気に進め」, no.142, 143 ロ短調音階, 144, 145 「スペイン舞曲」

139番 準備練習 140番 ドヴォルザーク 家路 ふたたび139番 141番 元気に進め 142番、143番 ロ短調音階、144番 145番 スペイン舞曲 動画のご紹介:一緒に練習しましょう! 篠崎バイオリン教本1巻 / Shinozaki Violin Method vol.1, n…

篠崎バイオリン教本1巻 / Shinozaki Violin Method Vol.1 no. 164, 165, 166, 167, 168, 169

篠崎バイオリン教本1巻も勉強ももう終わりですね。 私の生徒たちは、全員ではありませんが、145番を終えると、この世界中で愛されている きらきら星 の勉強に入ります。***篠崎先生は141番を終えたタイミングがよいとおっしゃっていますね。(14…

ヴァイオリン用ミュートのお話:「Con Sordino / 弱音器を用いて」篠崎ヴァイオリン教本1巻 / Shinozaki Violin Method no. 158、159、160、161、162、163

篠崎ヴァイオリン教本1巻 99番からでしょうか、ときどき Con Sordino / 弱音器を用いて という指示がみられるようになります。今日はその 弱音器について お話ししましょう。 弱音器とは? 演奏用ミュートはいつ使うの? どんな音がでるの? 演奏用ミュー…

篠崎ヴァイオリン教本1巻 162番 ニ短調音階

大人のはじめてさん、ここではじめて短調がでてきましたね。 これまではずっと長調でした。 実は、今、弾かれて少し、間違いがありました。 そして、そのように間違って弾いてしまうと、違った種類のスケールになってしまいますので、気をつけないといけませ…

篠崎ヴァイオリン教本1巻 80番 アンダンティーノ : はじめての強弱記号

この間のレッスンでは篠崎ヴァイオリン教本1巻 80番 アンダンティーノ の練習をはじめることが課題でしたが、よくできていましたね。 なので、そこに書いてある強弱にも注意を払ってみましょう。 このような表示や表現ははじめてね。 メゾフォルテ は やや…

篠崎ヴァイオリン教本1巻 88番 春が来た・はじめての付点四分音符

はじめて付点四分音符がでてきましたね。 **私の指導の際には、69番、70番荒城の月はとりいれていないからです。 この付点がどういう意味なのか、ということも知って欲しいのだけれど とりあえず、今は 感じて、そして 弾いてみましょう。 だって、7…