Dear Students 私の大切な生徒たちへ

ヴァイオリンを学ぶ方々と分かち合いたいたくさんのこと

ヴァイオリンの弓につける松脂って何からできているの?

松脂(マツヤニ)はね、松の木の樹液を固めたものなの。

樹液ってわかる?

木を傷つけると、木が自分のことを守ろうとしてでてくる液体のこと。

人間も傷ができると、血液がでて、かたまり、身体を守ろうとするのと同じね。

ヴァイオリンの弓に塗る松脂は、もう少し詳しく言うと

松の木の樹液にひまし油など、柔軟剤の役割をするものを加えたもの。

単に松の樹液を固めただけでは、とても壊れやすいからね。

(壊れやすいものほど、柔軟剤など余計な不純物が加わっていない という意味にもとれるわね。)

もちろん、柔軟剤が加わっていたとしても、落としたら割れてしまうことが多いから

気をつけないと。

実は先生も何度か松脂を落として割ってしまったことがあるの。

買ったばかりのときなどは、とっても憂鬱な気持ちになったわ。

でも、そんなときは、割れた面を温めて溶かすことで、もう一片とくっつけることもできるの。

小さなかけらになってしまった場合は、それをアルミ箔のようなもののうえで

オーブン内で温めてくっつけてみたこともあるわ。(笑)

松脂にもいろいろな種類があって、音や弾き心地に影響するの。

また少しずつ、より詳しいお話もしていきましょうね。