Dear Students 私の大切な生徒たちへ

ヴァイオリンを学ぶ方々と分かち合いたいたくさんのこと

先生はヴァイオリンしか弾かないのに、なぜ室内楽でチェロを教えられるの?

そうね。確かに先生の専門の楽器はヴァイオリン。

チェロもヴィオラも弾いたことはあるけれど

教えられるほどはもちろん弾けないわ。

でもね、音楽はどの楽器においても共通なことがあるし

音のイメージやアーティキュレーションは、

ヴァイオリンを弾くことで見せてあげることもできるし、

言葉で このような音 などと説明することもできるわ。

とても興味深いでしょう?

 


バイオリンランキング

 

楽譜を読むのは楽しいね:あれ?それは三連符? Suzuki Book5 ウェーバー カントリー・ダンス

Suzuki Book 5:

Weber - Country Dance

ウェーバー カントリー・ダンス

 

今日への課題は

メトロノームを使って、きちんと拍を理解すること だったわね。

冒頭は イントロダクション(導入)で、

みなさん!これから曲がはじまりますよ!という雰囲気のファンファーレのよう。

だから、シークエンスごとに 少し前にいったり(少し速くなる)、

音量を上げていくようにして、4小節目の Aの音に向かっていくといいわね。

でも、そのように、そのセクションのキャラクターを表現する前に

まずは、正確に楽譜を読むようにするとどのようになるのか 

メトロノームを使って弾いてみて。

 

A=441, Quater note=100

♪ ♪ ♪ ♪

あれ? それは正しくないわ。

もう一度弾いてみて。

残念ながらそれでは最初に弾いたときと同じよ。

何が間違っていると思う?

もしよくわからなければ、楽譜にビート(拍)のラインを書き込んでみましょう。

最初の3つの8分音符のところ(ピックアップ)はとりあえず後回しにして、

まず1小節目から数えてみましょう。やってみて。

 

f:id:dearstudents:20191114172218p:plain

そうね。さっき弾いてくれたときに、そう弾いていたわ。

でも、それは間違っているの。

そうしたら、まずこの曲の拍子はなに?

4分の3拍子。

そうね。ということは1小節につき、何拍?

3拍。

そう。ということは 1小節に何本のラインを書く?

3本。

ならば、うえに書いてくれた拍子のラインは1本ずつ足りないわね。

もう一度挑戦してみて。

わかりにくかったら、1と2と3と(1+2+3+) と 8分音符を数える感じで

そのまま楽譜のしたに書いてみる?

f:id:dearstudents:20191114173604p:plain

そう。

拍のラインは数字のところにくるから...

わかった!

f:id:dearstudents:20191114174029p:plain

そう!よくできたわ!

さっきの間違いは何かわかった?

ぼくは、三連符 かと思ったけれど、本当は 8分音符 だったんだ!

その通り!!

8分音符がみっつ並んでいて、ステムもつながれているものね。(Suzukiの本では)

きちんと数えないと間違えちゃうわ。

罠にかかっちゃったわね。(笑)

 

そうしたら、少しむずかしいところをやってみましょう。

一番最初、冒頭部分は8分音が3つしかないわ。

どういうことかしら??

これはちょっとむずかしいかな?

実はね、最初にはお休みが隠されていると思ってみて。

こういうことなの:

f:id:dearstudents:20191114174444p:plain

ではラインを入れるとどうなる?

 

f:id:dearstudents:20191114174611p:plain

そう。その通り!

では弾いてみるとこういうことね:

 

 

楽譜を読むって、パズルみたいで楽しいでしょう?

これからももっと複雑になってくるから楽しみにね。

 


バイオリンランキング

 

室内楽ってなぁに?

室内楽 というのは 数名の奏者たちで演奏する小さめのアンサンブル形態のこと。

だいたい、2人から10人くらいの人たちまでの感じかしらね。

オーケストラでは、ひとつのパートをたくさんの演奏者たちが受け持つけれど

室内楽では、ひとり、ひとパート。

ひとりひとりの重要性がより増すわね。

先生は、この演奏形態 室内楽 が一番好き。

 

室内楽の形態もいろいろ。

みんなが今やっている ストリング・カルテット というのは

ヴァイオリン2つ、ヴィオラ、チェロ の 4人ね。

3人の場合は トリオ。

トリオで先生が一番馴染みがあるのは、

ピアノ・トリオ(ピアノ、ヴァイオリン、チェロ)。

5人の場合は、クインテット。

クインテットといわれて思い出すのは、先生の場合は、

ストリング・カルテット に もうひとり チェロ が加わった形態。

たとえば、シューベルトが書いている チェロ・クインテット。

そして、ストリング・カルテットに、もう一人 ヴィオラ が加わった形態。

たとえば、モーツアルトが書いている ストリング・クインテット。

など、組み合わせにも、バラエティーがあるわね。

6人の場合は、ゼクステット。

ブラームスのすばらしいストリング・ゼクステットがあるわ。

7人の場合は、セプテット。

先生がすぐに思い浮かぶのは、ベートーベンのセプテット。

8人の場合は、オクテット。

たとえばメンデルスゾーンとか。

などなど。たくさんのすばらしい作品があるわ。

そして、組み合わせも弦楽器だけでなく、管楽器を含めるものもあるわ。

 

先生が一番馴染みがあるのは、2人のデュオ。

ヴァイオリンとピアノの組み合わせ。

先生は、仲間に恵まれて、学校を卒業してからも、

1年に1度は同じピアニストと演奏を続けているの。

もう10年。一緒に弾いていることになるわ。

みんなも今、学校はいろいろなアクティヴィティで忙しいと思うけれど

大人になると、より忙しくなって、

とくに同じメンバーで演奏を続けるのは難しくなるわ。

いろいろな人と演奏するのもすばらしいことだけれど

同じメンバーを保つのは、また別のすばらしさがあるわね。

 

みんなもせっかくであったのだから、続けられるといいわね。

ストリング・カルテットは本当に奥深いものだから。

はじめてさんは、まず、いろいろな音を聴きながら、一緒に演奏することから!

本番で楽しめるように、がんばりましょうね。

 


バイオリンランキング

 

モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク 1楽章 Mozart Eine Kleine Nachtmusik Allegro: シンコペーションで困っているあなたへ

今日から、室内楽のコーチング。

ここにいるみんなは全員が室内楽初体験ね。

みんなの課題は

モーツアルト アイネ・クライネ・ナハトムジク 1楽章 アレグロ

Mozart Eine Kleine Nachtmusik First movement: Allegro

 

ヴァイオリンのふたりは、シンコペーションのリズムがむずかしそうね。

シンコペーションのリズムはどこにでてくるかわかる?

そう。24小節目と25小節目。

 

ファーストヴァイオリン

f:id:dearstudents:20191111152447p:plain

セカンドヴァイオリン

f:id:dearstudents:20191111154442p:plain

 

ふたりとも、このリズムをしっかり弾けるようにしましょう。

 

まず、普通に八分音符だけを弾いてみましょう。

リズムに集中できるように、オープンストリング(開放弦)で。

 

A=441,   四分音符/ quater note = 75 

f:id:dearstudents:20191111152657p:plain

 

 

 そう! その感覚をよく覚えていてね。

あなたたちがシンコペーションを弾いている間、

あなたたちの仲間のチェロとヴィオラは、このリズムを弾いて、

あなたたちを助けてくれているのよ。

 

そうしたら、次に、ボウイングをシンコペーションのときと同じにしてみましょう。

でも、しっかり弓を止めて、8分音符を感じながら弾いてみてね。

最後の3つの8分音符は全部アップボウだから、ちょっとやりにくいかな?

f:id:dearstudents:20191111151944p:plain

 

 

そう!

それができたら、弓を止めずに、タイにして、

シンコペーションのリズムを弾いてみましょう。 

このほうがやさしく感じるんじゃないかしら? 

f:id:dearstudents:20191111152103p:plain

 

このリズムに慣れたら、左手も使ってみましょう。

とりあえず、ファーストヴァイオリンを例にとるわね。

重音ではなく、まず、上の音だけでどうかしら。

f:id:dearstudents:20191111152307p:plain

 

それができたら、下の音はどう?

音が動くところ、きちんとできるかしら?

f:id:dearstudents:20191111152359p:plain

 

そうしたら、譜面にあるとおり、重音で弾いてみて。

f:id:dearstudents:20191111152447p:plain

そう。何度か練習したら、すぐできるようになるわ。

楽しみね。

 


バイオリンランキング

ウォールファルトって誰?

フランツ・ウォールファルト 

Franz Wohlfahrt (1833-1884) は ドイツ人。

ドイツのライプツィヒでヴァイオリンの先生をしていたの。

お父様はピアノの先生だったみたいね。

あなたが勉強している 60の練習曲 作品45  /  60 studies op.45 は

ヴァイオリンを勉強する多くの人にとって、

はじめて手にする練習曲になるかもしれないわね。

19世紀に書かれたヴァイオリンの練習曲を、今でもみんなが使っているの。

すごいわね。

 


バイオリンランキング

 

ウォールファルト 60の練習曲 / Wohlfahrt op.45 no.46 音程で困っているあなたへ

Wohlfahrt Sixty Studies op.45 No.46 Allegro

ウォールファルト 60の練習曲 作品45 - 46番 アレグロ

 

このエチュードはスラーがあるなかで、

移弦 や ポジション(ファースト・サード)の移動を

スムーズに行えるようになるための練習ができます。

移弦をするときに、音色を保つ ということも考えられるとよりよいですね。

でも、右手のことを考える前に、まずは左手。

音程を正しくとれるようにしましょう。

この46番では13小節目から24小節目の音程がむずかしいわね。

あなたはこれまでの積み重ねで譜読みはとても上手になってきて

だいたいの音程もわかるようになってきたけれど、

ぜひ、この機会に よりよくすることに挑戦しましょう。

あなたには頼りにできるピアノもないし、一人で練習をがんばっているから

練習の助けになる、参考になるものを と思ってつくってみたの。

 

 

アレグロだけれど、音程をよくする ということに焦点をあて

A=441、四分音符=50 で 13小節目から24小節目を先生が弾いています。

もちろん、完璧ではないのだけれど (笑)

今のあなたの練習には充分な助けとなるはず。

参考にして、この次のレッスンで、ぜひいい演奏を聴かせてね。

楽しみにしていますよ。

 


バイオリンランキング

 

僕の指は曲がっているから...

「先生、僕の小指は曲がっているから...」

「そうね、確かにあなたの小指は 両手とも 薬指の方向に向かって、

 少し曲がっているわね。

 でも、だからといって、恥ずかしがることもないし、

 何かを諦める必要は、今の時点では 何もないと思うわ。

 あなたはまだ14歳。

 まだ若いのだから、小指を使わないようにする という方向を考えるのではなく、

 演奏に支障がでるような場合には、

 左手の親指の位置や、手首、肘の位置なども考慮にいれつつ 

 左手全体が小指をサポートするようなかたちで 

 小指をうまく使えるようにすればいいわ。

 必要があれば、セブシックなどをつかって、小指を少し鍛えてもいいし。

 あなたの場合、今のところ、小指の機能の問題はないと思うけれど

 高いポジションにいったときに、小指の音程が下がってしまうから

 その点が気になるわ。

 でも、それは、自分が思っているよりも少し高めにとるつもりで練習をすれば

 落ち着くと思うから大丈夫。

 ヴァイオリンを弾くために生まれてきたような、身体的に恵まれた人は

 なかなかいないものよ。

 みんな、いろいろ工夫をして上手に弾いているの。

 先生ももちろんそのひとり。

 だから、あなたも、小指のことで肩を落としたり、あまり気にしすぎたりせず

 今まで通り、前向きにヴァイオリンに向き合いましょう。

 曲がった小指をもったあなたがあなた。それもひとつの個性なの。

 もし、自分で何か支障を感じるようだったら、いつでも相談してね。」

 


バイオリンランキング

 

モーツァルト ヴァイオリンソナタ

日本語では モーツアルト の ヴァイオリンソナタ というけれど

例えば、私が持っている Henle版のタイトルは

Mozart Sonaten for Klavier und Violine

つまり、ヴァイオリンとピアノのためのソナタではなく

ピアノとヴァイオリンのためのソナタ

もう一歩踏み込むと、ヴァイオリン伴奏つきピアノソナタ ということになります。

私は残念ながらモーツアルトのソナタを勉強する機会になかなか恵まれず

過去にある程度勉強をして、演奏をしたことがあるのは k.301 と k.380 くらい。

もちろん、若いときには、たくさんのモーツアルトのソナタを聴いては

自分で弾いてみたりもして、親しんではいましたが。(笑)

 

今回、はじめて k.378 (Bflat Major) を勉強する機会を得たのですが、

これは、K.301 よりも、ヴァイオリンがサポートにまわる という役割が大きく、

その役割をどのようにつとめるのか、ということに関して、

一歩踏み込んで学ぶことができました。

 

ヴァイオリンがピアノの伴奏をする、ということは、

ヴァイオリンのパートが重要ではない、という意味ではありません。

 室内楽においては何を演奏するにもそうですが、

自分がサポートに回るときに、どのようにアプローチするのか、ということは

音楽をつくるうえで非常に重要ですし、

音楽性なくしてはその役回りを果たすことができません。

サポートに回る際の、音色の選択の仕方、バランス、

フレーズのシェイプの仕方(これはどの作品でも考えないといけないことですが)。

きちんと理解をして、正しいアプローチをするには、

とても繊細な音楽性と、アンサンブル能力、しっかりとした技術が必要ですね。

 バランスにおいては、ピアノという楽器と一緒に演奏する場合

ピアニストがどの程度まで音楽性を失わずに音量をソフトにもっていけるのかは

もちろん奏者の能力もありますが、楽器の性質上、限られてきます。

そのうえで、ヴァイオリン奏者はどの程度の音量で、

どのような音色を選んで 演奏するのか。

すばらしい勉強の機会を得ることができ、

また、ある程度の実りを得ることができ、感謝です。

 


バイオリンランキング

 

ヴァイオリンを「弾く」こと、「練習する」こと

今日は残念ながら、あまりきちんと練習をしてきたように聴こえないけれど

あなた自身としてはどう思う?

ヴァイオリンを弾く ということと

練習をする ということは まったく別のこと。

練習をする ということは 練習する前と練習の後で

なんらかの変化がないといけない。

もちろん、1日だけ、そのときだけの練習で、解決できないこともあるけれど。

あなたも含めて、多くの人が 学校にも行かなければならないし、学校の宿題もしなければならない。睡眠もとらなければならないし、ごはんも食べなければならないし、お風呂にも入らなければならない。

みんないそがしいの。

だから、ヴァイオリンの練習もしっかりと頭をつかってするほうが効率的だったりするわ。

もし、15分しか練習時間がとれないのであれば、その15分間で、何をどのようによくしたいのか、ということをまず頭のなかで整理してから練習をするのもひとつの手よ。

先生のレッスンでは、いつも問題を指摘して、その対処法を教えているでしょう?

それをしっかりお家でもやってほしいの。

あまり考えずに、好きなように、自分の気持ちのおもむくままに、ヴァイオリンを「弾く」という時間をもつのも、いいことだと思うわ。

けれども、何かをよくしようと思ったら、しっかりと「練習」をしなければならないわ。

ヴァイオリンを弾く ということと 練習をする ということの区別をきちんとつけましょうね。


バイオリンランキング

「お休み」はお休みじゃないの?

休符をみて、いつも遅れて入ってきてしまうあなたへ。

お休み は 休憩 ではないの。

次に入る 準備 よ。

あなたはいつも お休みをみると、休憩しちゃう。(笑)

そうではなくて、お休みは 次の音への準備。

休憩する間もなく、あたまのなかはフル回転よ。

 


バイオリンランキング

 

セカンドヴァイオリンよりファーストヴァイオリンのほうがえらいの?

「先生、ぼく、学校のオーケストラで、

 セカンドヴァイオリンの一番うしろの席になったんだ。。。」

「どうしたの? それでがっかりしているの?」

「うん。

 だって、セカンドヴァイオリンより、ファーストヴァイオリンのほうが

 えらいんでしょ?

 そのうえ、ぼくは、セカンドヴァイオリンの一番うしろなんだ。」

「あら、あなたは知らないの?

 セカンドヴァイオリンはとても大切な役割を担っているのよ。

 確かに、ファーストヴァイオリンを担当すると、わかりやすいメロディーを

 高音で弾けて、聴衆の注意を引きやすいわね。

 コンサートマスターもファーストヴァイオリンだし。(笑)

 ファーストヴァイオリンは ある意味、オーケストラの顔 ね。

 だけれども、セカンドヴァイオリンは、内声 といって

 オーケストラの 心臓 に近い部分を受け持っていると思って。

 人間も、心臓がきちんと働いていなかったら、生きられないでしょう?

 心臓をはじめ、いろいろな臓器がさまざまな働きをきちんとしているからこそ、

 身体がしっかり動き、健康が保たれる。

 音楽も同じなの。

 おのおのの楽器がそれぞれのパートの担っている音楽的表現をしっかりとすることで

 音楽にいのちが吹き込まれるの。

 先生もプロのオーケストラのセカンドヴァイオリンの一番後ろで

 何度も弾いたことがあるわ。」

「えっ?? 一番うしろで?」

「そうよ。後ろの席はね、指揮者とも距離があるし、前とも距離があるし、

 それでも、前で弾いているニュアンスをしっかりキャッチしないといけない。 

 全体をみながら、聴きながら、聴こえることに反応し、

 上手に役割を果たすのは、とても難しいものよ。

 

 あなたのオーケストラのなかで、大切でない人なんていないの。

 みんなそれぞれが大切だし、みんながいるから成り立つのよ。

 みんなで助け合って、協力しあって、だからこそできるものがあるの。

 だから、あなたが肩を落とす理由は何もないのよ。

 

 もしかしたら、あなたになら、

 セカンドヴァイオリンの一番最後の席をしっかりやってもらえるって、

 オーケストラの先生が思ったのかもしれないわ。

 笑顔を忘れずに、まずは自分が与えられたものをしっかりやってみましょう。

 あなたも、あなたの音楽も、かけがいのないものなのよ。」

 


バイオリンランキング

弓の動かし方:ダウンとアップ、本当はそうじゃないの?

確かに、弓はの動きは ダウンボウ と アップボウ と呼ばれているわね。

でもね、実は、弓は弦を水平に震わせるもの。

なんだか ダウン というと 真下に

アップ というと 真上に という感じがするから

ヴァイオリンを弾くときにも、そんな感覚が頭から抜けないかもしれないけれど、

ヴァイオリンの弦は 先ほども言ったとおり、水平に震わせるもの。

きちんと弦を震わせることができたら、

その振動は、駒へ伝わり、表板に伝わり、魂柱を伝わって、裏板に伝わり、

楽器全体がしっかり振動し、その楽器がだせる一番のよい音がでてくるわ。

ヴァイオリンを弾くうえで、このことはとても大切なこと。

確かに、曲によっては、太く、激しい音が必要で

ダウンのモーションをより加えたりすることもあるわ。

でも、いつもいつもではないからね。

だから、弓を動かすときには 弦をしっかりと振動させられるように

どちらかというと 右へ 左へ と 水平の動き を考えてみて。

ときに、弦を振動を目で確認するのもいいものよ。

それを続けたら、もしかしたら、あなたの楽器ももうすこし Open up するかも。

そんな可能性もあるのよ。

楽しみね。

 


バイオリンランキング

 

あなたのヴァイオリンのせいではないのよ。

「先生、私の音はきれいじゃないから 別のヴァイオリンを買いたいの。」

「ヴァイオリンを変えたら、いい音がでると思う?」

「うん。」

「じゃあ、あなたのヴァイオリンを先生がちょっと弾いてみてもいいかしら。」

「うん。」

♪ ♪ ♪ ♪

「どう? そんなに悪くないんじゃない?」

「うん。先生が弾いたら、きれいな音だった。」

「そう言ってくれてありがとう。

 あなたがもし、先生が弾いたときの音がきれいだって思うのなら

 あなたのヴァイオリンには問題はないということになるわね。

 いい音がでるか キタナイ音になるか は 実は演奏をする人にかかっているの。

 よいヴァイオリン奏者は、どんな楽器でも、

 その楽器の一番いい音をいつも引き出すことができるよの。

 先生も若いときには、CDで聴いた、著名なヴァイオリニストの演奏が

 頭のなかで鳴っていて、自分の楽器からでてきていた音は

 ものすごくヒドイものだった。なんて時期もあったの。(笑)

 あなたは 自分の音を聴けていて、それに対しての判断がきちんとできている。

 当時の先生よりも、先を行っているわ。(笑)

 だから、ヴァイオリンのせいにしないで、

 まず どうしたら、あなたのヴァイオリンから良い音を引き出せるのか、

 あなたのヴァイオリンがだせる一番良い音はどんな音なのか、

 先生と一緒に考えながらレッスンをすすめていかない?

 どうかしら?」

「うん。キタナイ音は自分のせいだって思うのは本当はイヤだけど

 先生の言っていることはわかる気がする。」

「まずは、あなたが今使っているヴァイオリンともっと仲良くなって、

 きれいな音がだせるようにしていきましょう。

 あなたならできると思うわ。」

 


バイオリンランキング

先生、エチュードってなに? ヴァイオリンのエチュードにはどんなものがあるの?

エチュードというのは日本語でいうと練習曲のこと。

あなたが勉強しているウォールファルト先生が書いたものをはじめ

カイザー、ドント(作品37)、クロイツエル、ローデ、フィオリロ、

もうひとつのドント(作品35)ガヴィニエ など

どれもヴァイオリンの技術習得のために音楽的に書かれているわ。

大抵、ひとつの練習曲を通して、ひとつのテクニックを、音楽的な流れのなかで

習得していく感じね。

ヴィニアフスキ エコールモデルヌ(作品10)、

そして、パガニーニのカプリス も 先生はエチュードとして勉強したの。

ほかにも、マザスをお使いになる先生もいるわ。

楽譜を読む力を養うためにも、音楽表現を勉強するにも、

演奏技術を身につけるためにも、

このような作品にたくさんたくさん触れることは

とても大切なことだと思っています。

これらのエチュードとは別に、セヴシック や シュラディエック の練習曲の数々もありますよ。

これらは、指を正確に、俊敏に動かすための練習や、シフトの練習、トリルの練習、重音の練習、いろいろなタイプのボウイングの練習など、さまざまな問題に対して、よりピンポイントでアプローチできます。

自分が苦手な部分を見つめなおしたり、克服するために使うといいと思うわ。

これらの練習曲に関しては、先生はそれぞれの生徒が必要なときに、必要なものを選んで与えているの。

あなたはそろそろシュラディエックに触れてもいいかもしれないわね。

どう? やってみる?


バイオリンランキング